FC2ブログ

04 | 2019/05 | 06

クロスカブのタイヤ交換 

190518-1.jpg


昨日、坊主がパンクしてコンビニ駐車場に放置していたので、JAFにお願いして回収してきました。

で、今朝明るくなって状態を確認するとご覧のようにリムテープが飛び出していました。

リムも漏れたシーラントで汚れていました。

では、早速修理しましょう~。



続きを読む
スポンサーサイト

クロスカブのプッシュロッド交換 

190407-1.jpg

最近の寒い時期のクロスカブのコールドスタート時、エンジンからすごい異音がしていた。

でも、この異音、エンジンが温まると消えるので、故障ではなさそう。

そこで、ネットをググると、JA10系カブで頻繁に起こる症状みたいです。

リコールしても良いんじゃないレベルと思うのだが・・・・・・

原因はエンジン内のタイミングチェーンを自動的にテンションをかけるためのプッシュロッド先端が磨耗で起きる症状で、エンジンが温まると、熱膨張で収まるみたい。

で、早速ナカキホンダに出向いてプッシュロッド先端を注文して、昨日取ってきました。

パーツ代¥150弱・・・・

ま、異音はこれを交換して対応しろって言うことなや~

今日、作業をしましたが、お天気が良くて暖かくて作業しやすかった。

プッシュロッドはエンジンカブの左側(ネジ穴が空いているところ)に刺さっています。

奥(右側)はエンジンオイルのドレンボルトなので、間違って開けるとオイルがダダ漏れになるので注意ですね!






続きを読む

TODAYフォークブーツ交換 

190310-1.jpg

先日、娘のTODAYのオイル交換時に発見したフォークブーツの破れですが、今日はお天気が悪いので娘のバイトはバイクで行かず、車で送迎したので交換することにしました。


続きを読む

エアクリ交換 

190209-1.jpg

連休なので滋賀へ帰ってきてます。

娘のTODAYを見るとオイル交換時期に来ているので、オイル交換しました。

今回は思わず外す必要のないマフラーも外してしまった・・・・

ま、作業がしやすくなって良いか!

オイル排出中にリヤタイヤのエアを入れてみると入る入る・・・

結構抜けてたみたい。

ついでに汚れたリヤホイール周りも清掃しておきました。



続きを読む

KLX125のクラッチワイヤー交換と台風後のお山 

180825-1.jpg

KLX125のハンドルは結構低く、スタンディングポジションを取るのがしにくかった。

そこで、簡単にハンドルの高さを上げるにはアップスペーサーを使うのが簡単でした。

導入したのは30mmアップのスペーサーです。

一応スロットルワイヤーとクラッチワイヤーは無理くり使えたのですが、ハンドルを一杯に切ってターンすると少し半クラ状態になります。

ま、こういう状況はあまりないのできにならなかったのですが、やっぱりワイヤーには負担が掛かっている。

調べてみるとロングワイヤーがあるみたいですので、交換してみることにしました。



続きを読む

伊吹と乗鞍2日目 

180814-1.jpg

昨夜の伊吹さんの寝床は、車の乗ったらいつもいる助手席で丸まって寝ていまいしたが、5時頃夜が明けてきたらゴソゴソと動き出して私の横で丸まっていました。

やっぱ、近くが良いのかな?



続きを読む

伊吹と乗鞍1日目 

180813-1.jpg

お盆休みのイベントとして、伊吹さんと高原へ遊びに行くことにしました。

朝早く起きて名神高速に乗り、東海北陸道へ入りました。

しかし、高山まで乗るつもりでしたが、白鳥から渋滞していたので急遽高速を降りて下道で行くことにしました。

続きを読む

ナカキホンダの試乗会 

今日の昼からこの猛暑の中、ナカキホンダ(ホンダドリーム近江八幡)で試乗会があったので
行ってきました。

それでは普通自二車免許で乗れるバイクを乗ってきましたので、メーカー別でショートインプレします。

180721-1.jpg

先ずは、KTMで、DUKE390、RC250、RC125を乗りました。

KTM全般に言えることは、外車なので排気音と振動が大きいです。 またこの3台とも単気筒で結構軽量です。

DUKE390は390ccの単気筒のため、0からの加速が凄いです。 またレソポンスもいいのでアクセル操作を乱暴に扱うと体が揺さぶられます。ポジションも楽で非常に扱いやすく乗っていて楽しいバイクでした。

RC250、RC125は同じフレームで、エンジンだけが違う兄弟車。 文字通りスポーツタイプなので、今日乗ったバイクの中で一番窮屈なポジションで、ハンドルが低くて遠かったです。
この短時間の試乗でも手首が痛くなるので、ツーリングに向かない。
車体とのバランスは250ccが良いと思いましたが、高回転にしないとパワーがでないので、扱え切れないかも?
125ccに乗るとエンジンフィーリングがKLX125と同じ感じなので、なぜか安心感がでました。 これは軽さによるものかもしれませんが、これが一番小排気量車だったので、なんか遅く感じました。



180721-2.jpg
180721-3.jpg

次はカワサキのNinja400とVersys-xです。
この2台のカワサキバイクに共通して良かったことは、クラッチレバーが非常に軽いです。
これなら1日中乗り回しても腱鞘炎にならないと思います。

Ninja400はカワサキのスポーツバイクですが、KTMのRCのように窮屈ではなく、ハンドルもそんなに低くはないのでツーリングできそうな感じです。 パワーフィーリングも良く、流石国産バイクと思いました。

Versys-Xはツアラーバイク。ポジション的にはオフ車と同じ感じですが、車体のボリュームがあり、非常に大きいです。
乗り心地は、今日乗ったバイクで一番静かで振動が非常に少ないバイクでした。
難点は、ちょっと足つきが悪い(私の足が短いとも言うのかな?)ことです。
オフも走れるとの謳いもあるようですが、Ninja250のエンジンを積んだこの大きくて思い車体ではちょっと無理っぽいですね~。
ツアラーバイクとしては非常にいいバイクでした。(ほしいです。)


180721-4.jpg

最後にホンダCBR250RRです。
ホンダのスポーツバイクですが、走行モードが3タイプ切り替えができるようになっています。
最初は緩めのモードで走り出しましたところ、インパクトがないエンジンの用な感じで、この車体には似合わないフィーリングでしたが、スポーツモードの一番強いのに切り替えたところ、排気音が上がり、燃料噴射量が上がったのを感じます。
アクセルを開けるとドッカーンと押し出され、Duke390のような加速感が得られます。
これはいい~。
走り始めはこのスポーツモードで走り、疲れたり、渋滞ではパワーを抑えたモードを選択すれば乗りやすいと思いました。
車体、ポジション、デザインなど最近の国産バイクを代表するようなバイクでした。



180721-5.jpg

今回、試乗会を開催してくれましたナカキホンダ(ホンダドリーム近江八幡)には感謝します。

ありがとうございました。

次にバイクを買い換えるときはここで買いますからね!


しかし~、今日は猛烈に暑かった・・・・・パンツまでビチョビチョ・・・・・」

KLX125 リヤタイヤ交換 

180630-0.jpg

KLXのリヤタイヤですが、もうかなり減ってきたのでずいぶん前にタイヤを入手していました。

デフォルトではIRCのGP-22R 100/90-16 が装着されていましたが、今回交換するタイヤはDUNLOP D-605Jをチョイスしました。

このKLXのタイヤのサイズがミニモトサイズなので、公道使用できる同サイズはこのIRCとDUNLOPの二択しか無いのです。

でも嵌まるタイヤとしてはSHINKOのトライアルタイヤがあるようなんですが、リヤタイヤが細くなります。


では、交換しましょう!



続きを読む

八草峠と土倉鉱山跡 

180625-1.jpg

今日は振休をもらって国道303号の滋賀と岐阜との県境の八草峠へいってきました。

先ずは8号線を北上し、木之本から303号線へ入ります。

このまま県境のトンネルまで走り、トンネルを抜けると直ぐに旧道の入口があります。

そう、岐阜県側から滋賀県に入るルートです。

入口には通行止・・・。

あかんかったら引き返そう。

入っていきました。



続きを読む