05 | 2017/06 | 07

DYNA-SYSと29er  

100624-1.png

シマノからDYNA-SYSという新しいMTB用の10速のコンポーネントが発売されたのは、皆さんご存じですよね?

大まかにいえば、フロントミドルギアを軸として、各ギアの端数を従来の物から変更してクロス化することにより、変速回数を減らしてスムーズにすることを目的としている。

そのギア比とは・・・・


        DYNA-SYS      従来 
  フロント   42×32×24      44×32×22

  リヤ     11-36(10S)     11-32(9S)


説明を見てみると何だか良さそうだ!

でも、これは26インチのMTBにだけついて言っているようだが、はたして29インチのMTBには果たして良いものだろうか??







   
そこで、26erと29erのMTBのギア比を考察してみた。






100624-2.png
(真ん中の表は26×1.9タイヤのDYNA-SYSです。)



① 26erノーマルと26erDYNA-SYSと比べるとミドルでの常用範囲が広がっていますね!(青色)

② 29erと比較するにはギア比だけではタイヤの外経がちがうので比較できない。そこで、移動距離を比較してみた。
  29erで26erDYNA-SYSに近付けるためには、3つ目の表の様になった。

③ 29erでのベストは フロント42×32×22 リヤ12-36 にするとDYNA-SYSと26erノーマルの中間位になるのが分った。
  この組み合わせなら、キャパが44Tになるのでなんとかディレーラーのキャパ(43T)になんとか収まることでしょう。
  XTのRDにすればキャパが45Tなので問題はありませんが・・・・(^^;)

これならば、従来のMTBと同じ感じで走れるでしょう!!


で、今のSalsa 29erをこの状態にするには、42Tのチェーンリングと9速の12-36Tのカセットが必要です。


12-36TのカセットはシマノCS-HG-61-9 Deoreがありますが、42Tのチェーンリングのみでまだシマノから発売されていないようです。


さて、どうしてやろうか・・・・・・・・
スポンサーサイト

コメント

Re: DYNA-SYSと29er 

これねぇ。先日から気になって覗いてたんですが、文章で説明されてもイマイチピンとこない。
やはり体感してみるのがベストでしょうな。
今年のサイクルモードで試乗できるでしょうから、いっぺん乗ってみるかな。
でもやはりデュアコンの設定は無い模様。

Re: DYNA-SYSと29er 

めたノボルさん
DYNA-SYSはミドルを中心に使い、フロントインナーに落とした時に通常はリヤを2枚上げますが、1枚で済むようにして、変速回数を減らして、スムーズさを狙ったものです。
基本的には変速回数を除けば劇的に楽になるというものではなさそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redbiker.blog68.fc2.com/tb.php/195-60e1906d