04 | 2017/05 | 06

CROSS MARK装着 

110729-1.jpg

MAXXIS CROSSMARKを装着しました。

装着前に重量を測定してみました・・・・・825g・・・・

手持ちのKENDAのタイヤは約500gです。

そしてシュワルベのチューブは約200gです。

合計約700g

やはり、チューブドの方が100gも軽い計算になります。


しかし、チューブレスの特徴は、低圧にすることができ、パンクのリスクが減り、乗り心地も良くなります。

これは29erも26erも同じことです。


ま、重量増を持ってしても、恩恵が受けられると思っています。



では、装着しましょう~




110729-2.jpg

先ずはホイールを外してチューブレス用のバルブを装着します。




110729-3.jpg

次にリム内面とタイヤのビート部にタイヤワックスを塗り込みます。


そして、ホイールにタイヤを嵌めこむのですが、今までの26erのチューブレスタイヤではここで苦戦するのですが、29erのチューブレスタイヤは結構簡単にビードを嵌めこむことができました。

たぶん、外経が大きくなることでビードの伸びが26erと比べて若干大きくなっているからだt思います。








110729-4.jpg

空気を入れて完了!

空気圧を4bar位入れて、漏れが無いか見ます。








110729-5.jpg

装着するときに一番気を付けなければならないことは、このタイヤのローテーションマークです。

これを間違うと、タイヤの性能が出ないので嵌め変えなければなりません。

嵌め変えは結構面倒ですからね!







110729-6.jpg

バイクに装着して、全てが完了。

特に大きく変わることがパーツですが、タイヤは唯一路面と接触するパーツですから、走行性能もこれにより大きく変わります。




明日、グリムで試走してきます!!







スポンサーサイト

コメント

Re: CROSS MARK装着

グリムで試走か~。
明日は、別の予定が入ってます(泣)
次回に期待です。

チューブレスの波も29erにボチボチですね~。
日本での認知の遅れが原因かな?

Re: CROSS MARK装着

RED!さん
29er用のチューブレスはこれからですね。
なんたって、まだMAXXISしかUSTを作っていないんですからね!
最近は29erの完成車が良く売れているらいしいです。
廉価版は直ぐに完売するみたい・・・・(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redbiker.blog68.fc2.com/tb.php/383-5b4855db