05 | 2017/06 | 07

内部コーティング 

今週末も悪天候(土曜:雨、日曜:雨~霰)で走りにいけませんでしたね。

仕方がないので、ローラーで気分を晴らしますが、30分ほどで飽きてしまう・・・・



ま、こんな日は、DAMBARを組む準備をしようか~


120225-1.jpg

クロモリフレームを組む前の儀式として、フレームyの内部コーティングをしなければなりません。

塗装していない内部からの、錆び予防です。


いつもはサラサラな5-56を噴霧するのですが、今回は粘度の高いエンジンオイルを注入してみました。







120225-2.jpg

フレームチューブ内にスポイドでエンジンオイルを注入してフレームをグルグル回します・・・・・

しかしだ、いくら入れても反対側から垂れ落ちてこない。


う~っ、しびれが切れ、サラサラオイルを少し噴霧してグルグル回すとやっと出てkました。

エンジンオイルは夏にするのがいいと思います。

冬じゃ硬すぎです。(^^;)



オイルが回ったら暫く正立させて余分なオイルを流出させて完了です。










120225-3.jpg

これでDAMBARAを組む準備ができましたが、やはりパーツが足りません。

仕方無い、K2 BigShipをバラすしかありません。

2月一杯はK2 BigShipで通勤しようと思っていましたが、ちょっと早いですが、KHSの通勤号を再開させることにしました。



K2 BigShipをバラす前に洗車しなきゃ!


雨の中走ってドロドロでした。(^^)




スポンサーサイト

コメント

Re: 内部コーティング

私は55-6で再コーティング!
この頻度は何時ぐらいでしょうか?

嬉しい悲鳴かな?(^^;

Re: 内部コーティング

RED!さん
内部コーティングは毎年やらなくてもいいかと思います。
(たくさんやる分には問題はありません)
要点は、雨の日や雨上がり、念入りに水洗車したときは、必ずシートポストを抜いてしっかり乾燥させることですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redbiker.blog68.fc2.com/tb.php/497-f0d006d5