07 | 2017/08 | 09

ヘルメット考察 

先日、久しぶりにNEWヘルメットを手に入れて被って見たら今までに無くかぶりやすかったので、今日はMTB用ヘルメットについて考察してみました。

なお、内容については個人的見解ですので、ご了承を。


今回手に入れたスペシャのヘルメットが被りやすいという点についてよく見てみると、あご紐の取り付け状態にポイントがありました。

そこで、我が家にある数種類のメーカーのヘルメットと比較してみました。




090929-1.jpg

まずは、これまでMTBに乗るときは必ず被っていたOGK W-3です。

このW-3の特徴としては、フリーサイズなので頭が小さい人が被ると後頭部に大きく隙間が空きます。 この帽体は私にはやや大きすぎました。

それから、このW-3は初期型のため、あご紐のバックルがラチェット式タイプで付け外しがやりにくかったので、通常のパッチン式(BELLの物を使用)に交換しました。

案の定、OGKは失敗に気付き、マイナーチェンジでパッチン式に変わりました。

矢印の3箇所であご紐がヘルメット内部に取り付けられています。






090929-2.jpg

ロキのLAZER のヘルメットです。

矢印の3箇所でヘルメット内部と繋がっていますが、後頭部はストラップのループにあご紐を通している構造です。








090929-3.jpg

フーコのルイガノのヘルメットです。

このヘルメットは内面パッドが少ないのが特徴ですね。

これも上記同様に矢印の3箇所でヘルメット内部と繋がっている構造です。






090929-4.jpg

お次はママのTAKIZAWAのヘルメットです。

このヘルメットはW-3同様にフリーサイズで、かなり大きい帽体です。

実は私用に買ったのですが、あまり人も帽体がおおきく、きのこちゃんになるのでどうしようかと思いましたが、髪の毛が多いママに被らしたら丁度良かったので、ママ用となりました。

このTAKIZAWAも矢印の3箇所でヘルメット内部にあご紐が繋がっています。








090929-5.jpg

通勤用のTREKのヘルメットですが、長いこと被っているので帽体、パッドがボロボロです。

特に特徴の無いヘルメットでした。


このTREKも矢印の3箇所でヘルメット内部にあご紐が繋がっています。











090929-6.jpg

最後に、今回入手したSPECIALAZED TARMACK です。

このヘルメットが被りやすい理由はご覧のようにあご紐の取り付け位置にありました。

上記5機種のヘルメットのあご紐取り付け位置は、ヘルメット内部のコメカミ部分2箇所と後頭部1箇所にあります。

しかし、このスペシャはヘルメット帽体の裾?リップ?部分のコメカミ部分と、頭斜め後ろの2箇所の計4箇所でヘルメットに繋がっています。


何故、被りやすいかと言うと、あご紐がヘルメット内部あると、あご紐がねじれていたり、位置が悪いときにあご紐を修正するのにヘルメットと頭の間に紐があるため、引っ張り出すのにヘルメットをずらしてねじれを撮ったり、パッドがバリバリと剥がれたりします。

一方スペシャのようにヘルメット外部にあご紐があると、上記のような症状が無く、すっと被れます。



こんな些細な事なんですが、何度も被ったり脱いだりする事が多いので、使い勝手に有効に効いてきますね!


でも、殆どのヘルメットは内部3点支持なんですよね~~~~

これはスペシャの特許か??


スポンサーサイト

コメント

Re: ヘルメット考察

なーるほど、これはかぶりやすそうです。それにしてもいっぱいありまんなあ(笑)。

Re: ヘルメット考察

私、頭のサイズが驚きなんです!
イヤイヤ、サイズが国内では数少ないんです(泣)
ヨーロッパに行かないと、選べないですね~~~
しかし、参考にさせて頂きます!
おおきに!(^^)v

Re: ヘルメット考察

ガーデンさん
そう、家族それぞれに1個ずつと、私にはロード、MTB、通勤用とあります。
通勤に使っているやつは、もう駄目なんでゴミになる予定です。

RED!さん
大きな頭なんですか?
OGKやミシュランのヘルメットは大きいのでいいと思います。
都合が合えば試着してみますか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redbiker.blog68.fc2.com/tb.php/67-21bd3d48