08 | 2017/09 | 10

リヤウインカー交換 

170224-1.jpg

今日はプレミアムフライデーで休みでした!    (うそ)

振休なだけです。

午前中はゆっくりして、午後からオートバイいじりしてました。

KLX125の純正リヤウインカーなんですが、視認性を良くするために大きく、張り出しが大きい。

ご覧のようにマフラー側はそれほど張り出しがないので転倒してももんだいないのですが・・・・・・・





170224-2.jpg

反対側のウインカーはボディーからのはみ出しが大きく、転倒したら折れるとの報告が聞きます。

これは壊してしまう前になのとかしておかないと、出先で困りそうだ。

そこで、小さいウインカーに交換してしまうことで、トラブルは回避できるので交換しました。




170224-3.jpg

先日入手しておいたキタコのワレンズウインカーです。

純正とくらべるとステーの長さ、レンズの大きさがすごく小さくなっています。

またワレンズのステーは軟質樹脂でできているので結構グニャッと曲がってレンズを割れるのを防ぎます。




170224-4.jpg

純正ウインカーの取り付け穴を利用してワレンズを装着しました。

配線は特殊なコネクターで繋がっていたので、配線を切ってコネクター配線にギボシ加工して結線しました。




170224-5.jpg

両方装着して真後ろから見てみると、ウインカーはリヤキャリアの内側になったので、地面への直撃はなさそうです。

フロントのウインカーは純正のままですが、これはハンドルの下に来る位置ですので、割れる心配はありません。

気が向いたら変えようと思います。




170224-6.jpg

次は、これも先日入手したワイドフットペグです。

純正と比べて倍近くの踏み面があり、スタンディング時に安定するようです。




170224-7.jpg

装着はいたって簡単。

割りピン外して、シャフトを抜くだけで外れます。

懸念してたスプリングはほとんどテンション掛けずにシャフトを通すことができました。


少し試乗してみましたが、ワイドステップはやっぱ良かった。

足裏で体感できる安定性。

安い部品だけど費用対効果は抜群でした!


KLXかなりいじってきたな~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redbiker.blog68.fc2.com/tb.php/766-023a3433