10 | 2017/11 | 12

自転車部屋へ新たな収納 

170903-1.jpg

この商品知ってる?

ホームセンター等で入手できるディアウォールという商品です。

今回はこれを使って自転車部屋を広く使いたいと思います。



このディアウォールは4✕4材を使って突っ張り棒にする器具です。

先ずは部屋の天井の高さ-4cmに4✕4材をカットします。



170903-2.jpg

上になる方にバネの入った方を嵌めて・・・・


170903-3.jpg

下にバネの内方を嵌めて押し込むだけです。

バネの強さの調整は付属のスペーサーを使って調整します。



170903-4.jpg

次にこのミノウラのバイクハンガーの出番です。

今回は平置きにしているMTBを片付けるためにMTB用のハンガーをチョイスしました。

ロード用とMTB用はハンガーの長さが違いだけです。

もちろんフラットハンドルのMTB用の方が長いです。



170903-5.jpg

このハンガーを4✕4材に付属のタッピングビスで止めます。

高さは既存のミノウラのバイクタワーと同じにしました。



170903-6.jpg

先ずは一番軽いMTBのアンセムをぶら下げてみました。

う~ん、ぶら下げるのに非常に苦労しました。

理由はご覧の様にハンガーの幅とトップチューブの内側の長さがほぼ同一のため、メッチャ引っ掛けにくい・・・・

これはいかん・・・・




170903-7.jpg

では29erのクロモリMTBなら・・・・・・OKでした。

理由は29erなのでトップチューブが長いことと、クロモリの細身のチューブのためトップチューブの内側が長いためでした。

流石にホイール付けたままでは、出入り口にかかるため外さないといけません。





170903-8.jpg

そしてその下にミニベロを置くと部屋の床の使用範囲が広がりました。

5千円弱で出来ましたが、中華製の突っ張り棒式のバイクタワーが買えちゃいますが・・・・・・

ま、DIY楽しめたから良いか!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redbiker.blog68.fc2.com/tb.php/786-0a10a27e